Da-iCE OFFICIAL WEBSITE

PROFILE

2011年1月、アカペラグループのリードボーカリストとして活動していた雄大、ソロボーカリストとして活動していた想太、ダンサーとして活動していた大輝、徹、颯が出会い、新たなダンス&ボーカルグループのスタイル確立を求めて活動を開始。

国内外の有名ダンサーをコリオグラファーに起用し、世界基準のパフォーマンスにこだわりを持って取り組みながら、場所はクラブからスタジアムまで年間100本を越えるライブを展開。

 
2012年にはAAAのツアーでオープニングアクトに大抜擢。
その後、数々の大型ファッションイベントや大型フェスなど、多数のイベントや雑誌からの出演オファーが殺到する。
同年12月にリリースされた1st mini album「Da-iCE」では初音源にしてオリコンデイリーランキング15位を獲得、同album収録曲「Splash」がレコチョク着うた(R)総合デイリーランキング1位を獲得。
 
2013年6月5日(水)にリリースされたインディーズ 1st single「I’ll be back」ではオリコンウィークリーランキング14位(デイリーランキング最高位12位)を獲得。
同楽曲でインディーズアーティストでは異例の2作連続レコチョク着うた(R)総合デイリーランキング1位を獲得するなど話題になる。
 
インディーズ時代から既にビジュアルもさることながら、アカペラグループで培った、包み込む様なアーシーボイスを持つ雄大と、想太の女性の声帯を持つ稀有なハイトーン・ベイビーボイスが織りなす2人の4オクターブボイスは、他のボーカルダンスグループにはない圧倒的な存在感を放っていた。
 
2013年9月14日(土)に開催された「SIGMA FES. 2013~U-EXPRESS LIVE AUTUMN~」ではスペシャル・オープニングアクトに大抜擢。
メジャーデビュー発表と共に、ファンがデビュー曲を決める「デビュー曲国民投票!」という前代未聞の企画を実施。
企画がSNS上で話題となり、1万を超える投票が集まる。
1万人が選んだ彼等のデビュー曲はライブでも1曲目に披露される事が多く、まさにDa-iCEの”始まりの曲”に相応しいアッパーチューン「SHOUT IT OUT」に決定。
 
1万人が選んだ楽曲「SHOUT IT OUT」にて2014年1月15日(水)ユニバーサル シグマよりメジャーデビューを果たし、メジャーデビュー作品にも関わらず、オリコンデイリーランキング2位、週間ランキング4位を獲得し、華々しいデビューを飾る。
続く2nd single「TOKI」を4月9日(水)にリリースし、オリコンデイリーランキング3位、週間ランキング5位を獲得。
8月27日(水)には3rd single「ハッシュ ハッシュ」をリリースし、こちらもオリコンデイリーランキング3位、週間ランキング8位を獲得し、3作連続でデイリーランキングTOP3入り、週間ランキングTOP10入りを果たす。
そして、メジャーデビュー後にリリースした3枚のシングルを収録した1st album「FIGHT BACK」を10月15日(水)にリリースし、オリコンデイリーランキング1位、週間ランキング3位を獲得。
 
2015年1月7日(水)に初のバラードシングル「もう一度だけ」をリリースし、オリコンデイリーランキング2位、週間ランキング2位を獲得する。
続く2015年第2弾シングル「BILLION DREAMS」と2nd LIVE DVD「Da-iCE LIVE TOUR PHASE 3 ~FIGHT BACK~」を4月15日(水)に同時リリースし、「BILLION DREAMS」はオリコンデイリーランキング1位、週間ランキング4位、そして自身初となるiTunes週間アルバム・ランキング1位を獲得した。
 
5月からは全国TOUR「Da-iCE Live House Tour 2015 - PHASE 4 -」を開催し、7/29(水)・30(木)にファイナル公演となる赤坂BLITZ公演・2DYASを終えた直後、8月12日(水)に通算6枚目のsingle「エビバディ」をリリース。
iTunes週間アルバム・ランキング1位、オリコン週間ランキング3位を獲得した。
 
11月には早くも2015年第4弾・7枚目のsingle「HELLO」をリリースするし、同月には7月まで開催されていた全国TOUR「Da-iCE Live House Tour 2015 - PHASE 4 -」の続編の「Da-iCE Live House Tour 2015-2016 -PHASE 4 HELLO-」を開催し、このTOURを通して約3万人を動員する。
 
また、「第29回日本ゴールドディスク大賞」“ベスト5・ニューアーティスト賞”を受賞。
更に、Da-iCEのキャッチフレーズである”「顔面偏差値75」・「イケメン界の東大生」”がTV・WEB(SNS)・雑誌・RADIO等各メディアで話題となり注目を集めている。
 
―Da-iCEは今、夢である"日本武道館"でのワンマンライブに向けて走り続けている―
 



Da-iCE is a Japanese dance-vocal group formed in 2011 in Tokyo.
Da-iCE consists of 2 vocalists SOTA and YUDAI, have a range of 4 octaves together,
3 dancers TAIKI, TORU and HAYATE.
Each member also models for popular Japanese fashion magazines and already had great successes in big music festivals in Japan.
Their capabilities were overwhelming even as an indie group.
Indies 1st mini album "Da-iCE" and indies 1st single "I'll be back" were ranked top 15th and 12th in a Japanese daily chart, oricon, in 2013.
2 of their songs were ranked No.1 on a ring tone chart.
Da-iCE debuted from Universal SIGMA (one of the in house label of Universal Music ) on January 15th in 2014.
Their major debut single “SHOUT IT OUT”was ranked 4th in a weekly oricon chart(It has also peaked on the oricon daily chart at 2nd.).
They have been getting a lot of attention from teens mainly on SNS.
Their 2nd single “TOKI” will release on 9 April 2014.
They are in charge of up and coming / rising boy group!!